本文へスキップ

之沢7-2

VISIONCONCEPT

代表取締役メッセージ


(サッカー好き)
 攻撃陣がチェイスすることで生まれたチャンスを、ボランチが逃がさずボールを奪取し逆サイドへフィード、ウィングバックが1アクションでディフェンスをかわしてゴール前にクロスを入れ、トップが胸で落とした横からシャドーがノートラップでゴールを決める・・・こんな場面を見ると思わず興奮してしまう自分がいます。

サッカーが好きな理由は、プレイヤーが全てであるスポーツだからです。
 クラブ経営陣/監督スタッフ/プレイヤー。組織としてそれぞれが各々の役割をキチンと認識して全うすることはもちろんですが、最終的に敵と対峙して戦っているのはプレイヤー達であり、ボールが動いている間はボールに触れていないプレイヤーも含めて全てが、刻々と変化する状況に応じて個人の判断でポジションをとりアクションする。その全員のアクションが有機的合理的に、そして敵の想定を超えて繋がった時に初めてゴールとなります。

(仕事も一緒)
 今まで幾つかの業務を経験してきましたが、仕事面でも一緒ではないかと感じています。
物流業務においては尚更です。
 ビジョン・方針・戦略。これらを明確にしポジショニングを打出すことはこれから人口が減っていく社会の中で必要となりますが、今時点で業界での優位性は物流現場におけるプレーヤーの個の力によるものと考えています。
 働き方改革という言葉がもてはやされておりますが、従業員一人ひとりが「やってみよう」という自己実現と成長を手助けすることで、幸福度を高められ生き生きと活躍でき、結果として創造性と生産性の成果をもたらせるものと思っております。      
                                             2018年9月
                                              飯塚雅彦





従業員のVISION

『切磋琢磨し 理想を超える』
 私たちのあるべき姿 「切磋琢磨し理想を超える」
共に励まし合いながら自分達を磨き上げて
社員が同じ方向を向き、思っていた以上の成果を上げ会社を大きくしていく。






<SLC行動指針>

 当社では、従業員一人ひとりが会社の発展・飛躍に向けての信念・何を軸に行動するか、年度毎に「行動指針」を掲げ企業活動に取り組んでおります。

 







会社のVISION

品質の歩み

【品質方針】
全社員のプロ意識とコミュニケーションにより、お客様に感動を与え続ける会社になる


 サンデン物流は品質にこだわり成長を続けて参りました。デミング賞を取得し、従業員にはQC検定を推奨し、今も努力を続けております。
小集団活動も活発に行っており、グループ内での大会だけでなく社外大会にも度々チャレンジしています。
個人のレベルは間違いなく向上しました。しかし、それでも商品事故がゼロになることはありません。
仕事に携わる全ての人が「事故ゼロに出来ると疑わない」そんな会社を目指してこれからも精進していきます。




働き方改革の変遷

2012年
育児勤務規程制定
2014年
計画年休取得制度導入
2015年
出勤率80%未満の年休付与開始
2016年
新給与制度導入・年休取得率60%以上方針設定
ストレスチェック制度導入
2017年
時間単位年休制度導入・育児介護関連規程改定・介護勤務規程制定
2018年
無期準社員の再雇用
無期労働契約への転換導入
健康優良法人認定申請
2019年 〜
リフレッシュ休暇制度導入予定

安全衛生方針


バナースペース


私たちのあるべき姿

「切磋琢磨し
  理想を超える」